本当に読みやすい文章を書くにはコツがあった!文章作成5つのコツをご紹介!

投稿日:

世の中には読みやすい記事とそうでない記事がありますよね。

 

その違いは一体何なのでしょうか。

 

今回は本当に読みやすい記事を書くためのコツを5つご紹介したいと思います。

 

1、長いコンテンツになりそうなら結論は先に述べておく

SEO対策として昨今では文字数を1,000文字~3,000文字書くようになりました。

そうするとユーザーはかなり長いコンテンツを読まないと結論に辿り着くことができません。

 

そこで長いコンテンツになりそうな記事では結論は先に述べておくようにしましょう。

結論を先に述べてしまっては最後まで読んでもらえないのでは?と思うかもしれませんが大丈夫です。

結論を先に読んでも結局はその根拠を確認しないと読者は納得できないので読み進めてくれます。

 

また、結論が先に頭に入っている状態でコンテンツを読み進めていってもらったほうが情報が頭に入りやすいこともあります。

 

2、1つの段落は4~5行以内にしておく

1段落の行数が長いと読むのが億劫になってしまいます。

だいたい1段落につき4~5行程度を目安に改行しておくようにしましょう。

 

もちろんこれは目安なので書き方によってはもっと早く改行を入れても大丈夫です。

自分で書いた後に読み直してベストなところで改行を入れてあげて下さい。

 

また、PCとスマホでは見た目が変わるのでそういったときはスマホを優先して見栄えを整えてあげましょう。

最近ではユーザーのほとんどがスマホから見ている傾向にあります。

 

3、1文の長さは40~60文字以内を目安にしておく

1文の長さが長いと読んでいて疲れてしまいます。

日本語では接続詞を利用することで長い文章を書くことができます。

 

例えばこのようなのはNGです。

 

この美容液はとてもおすすめです、なぜならこの美容液の主成分は○○だからです、また△△の成分も入っているためとてもおすすめですがオイリー肌の方には不向きかもしれません。

 

読んでいてすごく疲れますし、全部つながっているので頭に入ってきにくいですよね。

これを改善するとこのようになります。

 

 

この美容液はとてもおすすめです。

なぜならこの美容液の主成分は○○だからです。

他にも△△の成分も入っています。

しかしオイリー肌の方には不向きかもしれません。

 

 

1文の文字数が減って1つ1つが整理されて頭に入ってくるので非常に読みやすくなったかと思います。

このように、1文の長さは40~60文字以内を目安としてください。

 

4、強調させたいところは目立たせる工夫をする

読みやすい文章では重要なところを赤字にしたり黄色いマーカーを引くなどといった工夫をしています。

「文字色の変更」「太字」「マーカー」を効果的に使って重要なところはどこなのかをしっかりと明示してあげましょう。

 

ここで1つ注意が必要です。

 

「やりすぎは禁物です!」

 

先に述べた手法を全てやってしまうとカラフルになり逆に読みにくくなってしまいます。

例えば、「太字」「マーカー」のみで工夫するなど最低限のルールを作っておくことをおすすめします。

 

5、難しい言葉、専門用語を使わない

記事を書いているとつい専門用語を使ってしまうときがあります。

しかし、読者からすると専門用語がわからず書いてある内容がよく理解できないということに陥ってしまい「難しい記事」という印象を持ってしまいます。

 

読者は分からないことがあるから検索してきているので「小学生でも分かるように」丁寧にわかりやすく記事を書いてあげて下さい。

 

まとめ

いかがでしょうか。

アフィリエイトで収益を上げるためには記事を読者に読ませる必要があります。

 

いかに記事の内容を理解してもらい購買意欲を刺激できるかが重要になってきますので記事の書き方についても見直しをしてみてくださいね!

 

A8.netの会員ではない方はこちらをチェック!

A8スタッフブログで紹介しているコンテンツは、会員様向けです。
会員ではない方は、セルフバックやその他サービスをご利用できません。

-アフィリエイトのコツ

特集

  • 資格・習い事特集
  • 電気ガス乗り換え特集
  • 冬の健康特集
  • 買取特集
  • クリスマス特集
  • かに特集
  • 年賀状特集

当ページに掲載している情報・画像などの複写・転載は禁止しております。

Copyright© A8スタッフブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

ページのトップへ