ただ文字数を増やせばいいってもんじゃない?必要なのは情報の網羅性


検索上位表示させるためにアフィリエイトで記事を作成する時には最低1,000文字以上必要とか、3,000文字あればいい感じとか文字数は多ければ多いほど良いと言われていますよね。

 

しかし、ただ闇雲に文字数を増やしていけばいいというものでもありません。

 

今回は文字数を増やす事の本当の意味と具体的な記事作成までの流れをご紹介します。

Googleが求めているのは情報の網羅性

 

文字数が多いほうが良いというのは情報の網羅性があるかどうかがポイントになってきます。

 

Googleは検索ユーザーが、あるキーワードで検索した時にその答えを提示してあげたいんです。

 

質問に対する答えが詳しければ詳しいほど、ユーザーの満足度は高まりますよね。

 

こんな文字数の増やし方はNG!

 

文字数を増やすという時にただ闇雲に増やしても効果は少ないことが予想できます。

 

例えば、文字数を増やすために「今日は寒いですね」「そういえば今日息子が遊びにいく時に」など検索ユーザーにとって関係の無いことを書いてもあまり意味がありませんね。

 

検索ユーザーの質問に対する答えとしてどういう回答が望ましいのかをしっかりと考えてそのユーザーが納得するような文字数の増やし方が必要です。

 

検索ユーザーの質問に答える良質な記事の書き方手順

 

検索ユーザーの質問に対する適切な回答を記事にするならば、記事を書く前にあらすじを書いておくといいです。

 

文章の流れに違和感があればそれは読みにくい記事になってしまいます。

 

記事を書く時の流れとしては以下が理想です。

 

1、検索キーワードを書き出す

この記事はどんなキーワードで検索したときに上位表示させたいのか書き出しておきましょう。

 

キーワード選定は初心者の方はロングテールキーワードを選ぶのがおすすめです。

ロングテールキーワードは検索頻度は低いけれど誰かしらは検索しているキーワードのことです。

逆にたくさんの人が検索してくるキーワードのことはビッグキーワードといいます。

 

「薄毛」というキーワードで例を出してみると以下の様になります。

 

ビッグキーワード:薄毛

ロングテールキーワード:薄毛 サプリメント 女性

 

検索語が多いほど検索される頻度が低くなります。

ここが初心者にはおすすめなんです。

 

ビッグキーワードですと記事の質が高いサイトが上位の順位をとってしまっていて、これから参入してくるサイトがビッグキーワードでの上位表示をしようとしても難しいです。

 

ロングテールキーワードで少しずつアクセスを集めてサイトの評価を徐々に上げていくのがおすすめです。

 

2、検索キーワードを含んだタイトルを作成する

検索キーワードが決まったらタイトルにはそのキーワードを含めましょう。

タイトルは30文字以内にするようにしてください。

 

3、記事の目次を作りましょう

ここで記事の構成を考えます。

目次を作ることで筋の通った記事の構成をつくることができます。

また、目次に沿って文章を書いていけばいいので、文字数を増やすために余計なことを書いてしまうという事が無くなります。

目次を作る時には検索ユーザーは何に困っていてどういうことを知りたいのかをしっかりと考えるようにしましょう。

 

4、文章を書いていきましょう

目次ができればあとはその目次にそって記事を書いていくだけです。

記事を書く時には情報の質を意識してどのサイトよりも詳しいサイトにできるように書いていきましょう。

また、検索キーワードも適度に文章内に散りばめることも大切です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

文字数を増やすという意図としては情報が網羅されたページを作るということだったんです。

文字数を増やすために記事と関係の薄い文章を書いてもあまり効果は見込めないでしょう。

情報の網羅性のある良質な記事作成を心がけていきましょう!

A8.netの会員ではない方はこちらをチェック!

A8スタッフブログで紹介しているコンテンツは、会員様向けです。
会員ではない方は、セルフバックやその他サービスをご利用できません。

当ページに掲載している情報・画像などの複写・転載は禁止しております。