読みやすい記事5つの特徴をご存知ですか?


記事を書く時に、読みやすさを意識していますか?

 

読みやすい記事を作成することで読者が増えていくものです。

 

今回は読みやすい記事を作成する時のポイントをご紹介させていただきます。

 

語尾は統一されていますか?

語尾は「です。」「ます。」で統一させておきましょう。

 

「ですよん!」とか「なんだよね~。」など色々な語尾が混在していると読んでいて疲れてしまいます。

 

語尾はシンプルに「です。」「ます。」で揃えるように気を配りましょう。

 

また、「僕」「私」など自分を表す言葉も統一させておきましょう。

 

このように文体をできるかぎり統一することでシンプルでわかりやすい記事を作成することができます。

文字の大きさは適切ですか?

文字の大きさですがすごく小さい文字で記事を書いていませんか?

 

文字は適切なサイズにしておくことをおすすめします。

 

サイズでいうと、あくまで一例ですが「16px」くらいがちょうどいいかなという印象です。中には「18px」にしている方もいらっしゃいます。

 

大きすぎも良くないですが小さすぎも読みにくくなるので適切な文字サイズを決めるようにしましょう。

 

文字サイズを決める時にはPCで見た時とスマホで見た時、両方の印象を考慮して決めることをおすすめします。

 

リンク色は青色、下線にしていますか?

GoogleやYahooの検索結果に出てくるリンクは青色ですよね。

 

リンク色はこの青と同じ色に指定しておきましょう。

 

人は一番見慣れているものを記憶しています。

 

そのため青色=リンクと無意識で認識していますのでリンク色は青色にしておきましょう。

 

また、青色だけだと文章内でリンクだとわかりにくい場合もありますので下線を付けておくと瞬時にリンクだと判断できますのでおすすめです。

 

適度に行間はあいていますか?

文章の行間ですが狭すぎても読む気が起きませんが極端に広すぎるのも問題です。

 

行間はサイトやブログのテンプレートで既に決められていることが多いですが、狭すぎるなと感じているのであれば他のデザインテンプレートを選んでみてもいいかもしれません。

 

広すぎず、狭すぎず適度な行間を意識してみましょう!

 

小見出しや画像を適度に使ってますか?

1記事の文字数は1,000文字以上を推奨していますが小見出しも画像もない1,000文字の記事はすごく読みにくいです。

 

小説のようで読者は飽きてしまいますし、最後まで読んでくれたとしても淡々と書いてあるので内容を覚えてません。

 

小見出しは必ず入れるようにしましょう。小見出しで伝えたいことを先に書いておけば「この部分ではこの話をしているのか」と読者も理解しやすいです。

 

また、テキストだけでは必ず飽きてしまいますので画像やイラストを入れて文章を補助してあげましょう。

 

とくに文章だけではわかりづらいものは文章の補助として理解しやすい説明図があるとよりいいでしょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

もし、これらのポイントを見て今まで気にしてなかったものがあれば是非、試してみてくださいね。

 

意外にこういった細かな施策をちょっとずつ積み重ねていくことで大きな成果に結びつくこともありますので少しずつ成長していきましょう!

 

A8.netの会員ではない方はこちらをチェック!

A8スタッフブログで紹介しているコンテンツは、会員様向けです。
会員ではない方は、セルフバックやその他サービスをご利用できません。

当ページに掲載している情報・画像などの複写・転載は禁止しております。