レビュー記事を書くなら写真が重要!きれいに商品写真を撮る3つのポイント


商品写真を撮る時にどうすればきれいに撮影できるのかとても迷いますよね。

 

実は商品写真をきれいに撮るにはコツがあるんです。

 

今回は商品写真をきれいに撮るための3つのポイントを紹介しますね。

 

1、写真は窓際で自然光を取り入れて撮る

自然光

 

プロのカメラマンでも写真を撮る時に一番気にかけるのがライティングといって「光」の操作です。

 

そこで一番ナチュラルに、きれいに撮れるのが自然光での撮影と言われています。

 

商品の魅力を最大限に引き出したいレビュー記事。

 

出来る限りきれいに撮りたいですよね。

 

そこで、撮影時には自然光を使う方が多いんです。

 

まず、撮影する時は直射日光が入らない窓際にテーブルを持っていって撮影をします。

 

もし、光が強すぎるなと思ったらレースのカーテンなどで調整してみてください。

 

こうしてあげることでよりナチュラルにきれいに写真を撮ることができます。

 

2、商品の魅力を際立たせるため接写する

接写じゃない場合接写の場合

写真の撮り方ですが、なるべく接写したほうがそれっぽく写ります。

 

上記の例では左側が少し離れて撮影した写真。

 

右側が接写した時の写真です。

 

どうでしょうか。

 

商品のディテールもよく見える上に雑誌などで見かける商品写真に近い気がしませんか。

 

接写で撮るとこんなにも写真の出来が変わるんです。

 

3、商品が映えるように装飾で工夫する

装飾での工夫

単純に質素なテーブルの上に商品を乗せて撮るのでは味気ない写真になってしまいます。

 

商品の魅力を最大限に引き出せるように背景も装飾で工夫してみてください。

 

下には柄物の敷物を敷いたり、ウッドの板を置いて撮影する方もいます。

 

周りにはちょっとした造花目立ちすぎない小物を置いてみると、まるでプロが撮影したかのような写真になります。

 

でもここで1つ注意点があります。

 

あまり背景にこだわりすぎないことです。

 

あくまでメインは商品です。

 

商品より背景が目立ってしまったら装飾する意味がありませんよね。

 

背景は商品という主役を目立たせるための補助ということを頭に入れた状態で色々と工夫してみてくださいね!

 

まとめ

いかがでしたか。

 

今回は商品の魅力を最大限に引き出すための写真の撮り方について紹介させていただきました。

 

この3つのポイントを抑えるだけでかなり写真の出来が変わってきます。

 

やっぱりきれいに撮影された商品写真のほうが買いたいって思いますよね。

 

読者をワクワクさせるような演出もメディア運営者の重要な役割の1つです。

 

この3つが守れていれば最初のうちはスマホ撮影でも十分ですので是非、チャレンジしてみてくださいね!

A8.netの会員ではない方はこちらをチェック!

A8スタッフブログで紹介しているコンテンツは、会員様向けです。
会員ではない方は、セルフバックやその他サービスをご利用できません。

当ページに掲載している情報・画像などの複写・転載は禁止しております。