ブロガー必見!レビュー記事の文字数について


みなさんこんにちは!

今日は、商品レビューの記事の文字数について、ご紹介させて頂きます。

商品レビューの文字数、何文字ぐらい書いたらいいの?

レビュー記事、写真を載せて、感想を書いて、商品の情報を書いて。。

「やることがたくさんあって大変いったいどのくらいの文章を書けばいいの?」

そう思っている方も少なくないのではないでしょうか。

ズバリ、商品レビューに書く文章の文字数は1000文字以上が目安です!!

1000文字?そう聞くだけではピンとこないですね。

一般的な原稿用紙が1枚400文字なので、2枚半というところでしょうか。

どうでしょう?これが少ないと思うか、多いと思うかはみなさんそれぞれだと思いますが、

それぐらいの文章が商品レビューでは理想的です。

ではアフィリエイターさんのサイトを除いてみましょう!

無題

こちらの方は、エーハチレビュー部でも殿堂入りさんとして紹介させて頂いており、

センスが抜群に良いサイトです。

この方の記事

HANA オーガニック夜用美白美容液ムーンナイトミルクは、40代以上の人に使ってほしい!

こちらの文字数はなんと! 2700文字もあるんですよー!!!

素晴らしいですね!

ポイントを守れば、自然に文字数が増える?

ただ単に「1000文字以上」を心がけると難しい。じゃあどうやってかけばよいのでしょう?

実は!自然と1000文字を超えていたーなんてこともあるポイントがあるんです。

それは、ユーザーのことを考えて、この3つのポイントを意識してみてください

1、商品情報

 商品情報と言っても、表現はさまざま!

 どんな成分?どんな人が使うもの?どんな商品?いくら?どんなとき使う?

 使い方は?どうやって作られている?芸能人が使ってる?・・・

 広告主サイトには、たくさんの情報が載っていますし、切り口もたくさんあるんですよね。

 いろんな情報を載せること、それが「ユーザーの知りたい情報」につながります。

2、感想

 セミナーなどで、私はよく「五感をフル活用して感想を訴えてください」と言うのですが、

 その通り、ブログやサイトで情報を見ている人は、実際に商品を手に取ることができません。

 読者の変わりに、あなたが試して、それを伝えているのです。

 細かく、試してみて感じたことをユーザーがイメージしやすいように書いてあげることが重要なのです。

3、5W2H

 よく国語などで習う手法ですが、

 Who(誰が)、When(いつ)、Where(どこで)、What(なにした)、How(どうやって)、Why(なぜ)、How much(いくらで)

 これを使うと、より詳しく、文章を作成することができます。

 リアリティのある文章になるので、信頼されやすい記事にもなりますよね。

この3つのポイントを意識して文章を書くと、あら不思議!いつの間にか1000文字を超えていた!

そんなこともあり得るかもしれません。

ぜひお試しくださいね~♪

↓商品レビューの書き方のコツについてはA8キャンパスのこちらのページでも紹介しています

商品レビュー記事のポイント

A8.netの会員ではない方はこちらをチェック!

A8スタッフブログで紹介しているコンテンツは、会員様向けです。
会員ではない方は、セルフバックやその他サービスをご利用できません。

当ページに掲載している情報・画像などの複写・転載は禁止しております。