【温活特集】記事作成のヒントはこちら♪

投稿日:

こんにちは!A8特集担当です♪
本日より、「温活特集」がスタートしました!

健康管理の1つとして「冷え対策」は重要です。
特にこれから寒い季節になると、健康に気を使っている方や寒さが苦手な方、
妊婦さんなど、さらに身体を冷やさないよう、温活を意識する方も増えることが予想されるため、
本格的な冬が来る前に記事作成しておくことがおすすめです!
温活に関するプログラムを是非あなたのサイトで記事にしてみてはいかがでしょうか?

「どういう記事を作成しようかな。」
というメディア様に向けて、今回は記事作成のヒントをご紹介します!
参考になれば嬉しいです♪

温活とは?

 

秋が過ぎてだんだん寒くなり、身体の冷えが気になりますよね。
身体が冷えることで、パフォーマンスが下がり健康や美容にも悪影響をもたらすなんてことも!
そこで注目されているのが、日頃から体を温める習慣をつける温活です。
冷えた時に温めるのではなく、普段から習慣づけることで、急な気温の変化にも悩まされない健康な身体で過ごしていけますね。

温活にはどんなものがある?

温活といっても実際どんなものがあるのか考えてみました!

・朝起きて紅茶やお茶、生姜入りのドリンクなどの温かい飲み物を飲む
・もこもこソックスや、ウールソックスなどで足元を温める
・ネックウォーマーで首元を温める
・腹巻をする
・生野菜ではなく温野菜を食べる
・鍋やしゃぶしゃぶなどの温かい食事
・湯たんぽを使う
・湯舟にしっかり浸かる
・ストレッチやマッサージをしてリンパを流す
・ウォーキングや、ジョギング、ホットヨガなどの運動をする
・布団を変えてみる
など、、

他にも様々あるかと思いますが一部を掲載させていただきました!
もし少しでも試せそうだなと思うものは実際に試してみて、自身のサイトで掲載してみても良いかもしれません。

エーハチくん

エーハチくん

出来ることから早速試してみたいね!

冷えのタイプ

冷えのタイプには4つのタイプがあるそうです。
自分がどのタイプなのか知っておくことで、どんな温活をすれば良いのかが分かるのでお勧めです。
簡潔にご紹介させていただきます。

1 手足などの先が冷えるタイプ
→手足やその末端が冷えてしまいます。無理なダイエットなどを行うことで冷えてしまう可能性もあるそうです。

2 全身が冷える全身冷えタイプ
→常に体温が低く、年中通して寒さを感じることも。基礎代謝の低下も見受けられるそうです。

3 お腹まわりが冷えやすい内臓冷えタイプ
→身体の表面や手足は温かいですが、お腹内臓が冷えてしまうタイプのようです。ストレスが原因の一つになる可能性も。

4 腰から下が冷えやすい下半身冷えタイプ
→上半身は温かく顔がほてりやすいのに、下半身だけが冷えてしまう下半身冷え。デスクワークなどの長時間同じ姿勢でいることが原因の一部のようです。

どうでしたか?自分はどのタイプに当てはまるのかぜひ確認してみてください!

温活特集では、A8おすすめの温活サービスを多数ご紹介しています!
是非あなたのサイトでも温活の魅力を紹介してみてはいかがでしょうか?

▼▼温活特集をチェック!!▼▼

温活特集

▼現在実施中の特集はこちら

年賀状特集
かに特集
お歳暮特集
インスタ映えアイテム特集
おせち特集

A8.netの会員ではない方はこちらをチェック!

A8スタッフブログで紹介しているコンテンツは、会員様向けです。
会員ではない方は、セルフバックやその他サービスをご利用できません。

-A8スタッフ通信, お知らせ, 特集・キャンペーン

特集

  • バレンタイン特集
  • 買取特集
  • 衛生管理特集
  • クリスマス特集
  • 年賀状特集
  • おせち特集

当ページに掲載している情報・画像などの複写・転載は禁止しております。

Copyright© A8スタッフブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

ページのトップへ