初心者必見!読みやすい記事の特徴5つをまとめてご紹介!


アフィリエイトは記事を消費者に読んでもらい、記事で紹介した商品やサービスに興味を持ってもらえて初めて成果が発生する可能性があがるものです。

 

つまり記事を最後まで読んでもらうことはとても重要なこと!

今回は読みやすい記事の特徴5つをまとめましたので参考にしてみてくださいね!

その1 結論は先に書くこと!

昨今では文字数はあるだけ良いと言われていて2,000文字、3,000文字の記事を書く方も増えてきましたね。

 

しかし、文字数を増やす=結論を記事の最後にするという考え方はあまりおすすめできません。

 

検索ユーザーからの質問に答えられる記事ということを考えると、結論が2,000文字の記事の最後に書いてあると検索ユーザーの質問にスムーズに答えているとは言えませんよね。

 

記事を書く時には結論は早めにだしてあげることをおすすめします。

 

記事の流れとしては、まず結論を出した後にまだ購入の一歩に踏み切れないなと思ってるユーザーに対して追加コンテンツとしてその後の文章も読んでもらうという流れがおすすめです。

 

記事の構成も戦略的に練ってみると面白いですよ!

 

その2 導入文はコンパクトにすること!

本文に入るための導入文を適当に書いていたりしてませんか?

 

導入文は本文をざっくりまとめたものにしておくのがおすすめです。

 

この記事ではどういった情報を得られるのか?興味関心をユーザーに抱かせるために導入文を書くんです。

 

検索ユーザーの検索意図をしっかりと読み解きどういう導入文を書けば興味を持ってもらえるのか、記事を読み進めてもらえるのかを考えてみることをおすすめします。

その3 小見出しを使うこと!

本文には小見出しを使いましょう。

 

小見出しがないと長文の文字だけでユーザーから見るとパット見で「1文字目から最後まで読まなきゃいけないのか・・・」という印象を持たれてしまいます。

 

小見出しを使うことで1記事内でも章分けすることができますので長文を読まなきゃいけないという先入観を取り除くことができます。

 

また、書き手としても小見出しを設定しておくことで全体的にまとまりのある文章を書けるようになると思います。

その4 文字の装飾をすること!

本文の重要なところは赤字にしたり太字にしたりと文字の装飾を行いましょう。

 

これも記事を最後まで読んでもらうための施策の1つです。

 

どうしても単調な文というのは途中で飽きてしまいがちですので、飽きさせないという意図で文字の装飾をやっておくことをおすすめします。

 

Googleアナリティクスを導入している方は試しに、文字の装飾をしない記事とした記事の記事滞在時間を調べてみると面白いデータが取れるかもしれませんよ。

その5 写真を適度に入れること!

文字だけの記事というのはどうしても退屈しがちです。

 

そこでイメージ画像や商品を実際に使った様子の写真が掲載されていたらいかがでしょうか。

 

写真があることで飽きさせないようにすることができますね。

 

また、商品を実際に使っている様子の写真が掲載してあれば消費者から見ると商品利用の疑似体験ができるので「買ってみようかな」と思わせることもできるかもしれません。

 

まとめ

アフィリエイトでは記事を読んでもらい「その商品欲しいかも!」と思ってもらう必要があります。

 

そのためには読者に快適に記事を読んでもらうためにはどうすればいいのかを考えることも重要ですね。

 

今回、ご紹介した5つのポイントで1つでもやっていなかったことがもしあれば、是非試してみてくださいね!

A8.netの会員ではない方はこちらをチェック!

A8スタッフブログで紹介しているコンテンツは、会員様向けです。
会員ではない方は、セルフバックやその他サービスをご利用できません。

当ページに掲載している情報・画像などの複写・転載は禁止しております。